家族葬コラム

家族葬のひびきが葬儀マナーから雑学、豆知識、葬儀に関する疑問の解決策まで様々な内容をお届けします。

作成日2019.02.24

カテゴリー火葬式

自宅安置でおこなう火葬式プラン

慣れ親しんだ場所で最後のお別れをするために

自宅安置の火葬式は、お通夜、葬儀・告別式などを行わず、法律で定められた死後24時間の間、安置した後、安置所から直接火葬場へ運び、荼毘(火葬)に付す葬儀のことです。病院などからご自宅にお連れし、ご遺族の皆様にお別れの時を過ごしていただいてから火葬場へ参ります。

自宅内に安置できるスペースがあれば、自宅は亡くなった方にとっても遺族にとっても慣れ親しんだ場所であるため、落ち着いて最後の別れができるという意味でも良い方法だといえます。

 

火葬式(自宅安置)の流れ

ご臨終

事前予約、もしくは依頼されるご予定の葬儀会社にご連絡ください。
お亡くなりになられた方の氏名、電話をかけている方の氏名と連絡先、お迎えに行く場所をお伝えください。

 

 

お迎え

病院、またはお亡くなりになられた場所まで、寝台車でお迎えに葬儀会社が伺います。

ご安置

ご逝去後、法律により24時間は火葬することができません。
その間ご自宅まで搬送し安置する必要があります。

納棺

スタッフによる納棺を致します。 ※納棺師による納棺は別途費用がかかります。

出棺

預かり安置の場合・・・ご遺族様は、火葬場でお待ち合わせです。
付き添い安置の場合・・・ご寝台霊柩車と一緒にご遺族様も火葬場まで行きます。

火葬

指定の火葬場で火葬を行います。火葬が終わったら収骨を行います。

自宅での安置方法

安置する場所

自宅に仏壇がある場合は仏壇の前に、無い場合は座敷に安置します。

寝具を北枕または西枕にする

枕の方向は、お釈迦様が亡くなったとき、顔は西で頭は北に向けていたことに由来しています。
北枕が基本ですが、西に向けても、西方浄土にむけて安置するという意味があるので、問題ありません。

掛け布団は新品や洗濯した清潔なものを使用し、裾が遺体の顔の方に来るよう、上下を逆さにしてかけます。顔は白い布をかぶせ、両手を胸元で合掌させて数珠を両手にかけます。

遺体安置部屋の室温調節

夏はクーラーを入れて涼しくし、冬は暖房を切りできるだけ室温を下げておくようにします。

故人の体温を確認

故人にドライアイスをあてます。通常ドライアイスは葬儀社の方が準備してくれます。
ドライアイスの量はご遺体や安置室、安置日数によって異なり、プランで決められた量よりも多くなる場合もあります。
葬儀会社に確認・ご相談下さい。

水やお茶・お線香をあげる準備する

コップや湯呑みに、水 または お茶 を準備します。
お線香は葬儀会社が備えてくれる場合があります。

枕飯と枕団子を作る

枕飯は生前使用した お茶碗に ご飯を山盛りにして、使用していた箸を真ん中に立てます。枕団子は 6 個作って小さな皿に盛り付けます。( ご飯がない場合などは翌日の朝に用意する )

 

 

 

枕屏風を準備する

枕屏風があれば 逆さ屏風 にして立てます。ないときは準備しなくても大丈夫です。

花を準備する

花があった方がいいという場合は、枕元の花を準備します。

枕飾りを準備する

枕飾りなどは依頼した葬儀会社でのプランに入っている場合やってくれます。

神棚封じをする

自宅に神棚がある場合は、神棚の戸を閉めて半紙などを貼ります。これは 「 神棚封じ 」 と言って、死の穢れ ( けがれ ) が神棚に入り込まないようにする意味があります。

自宅安置の注意点

自宅に安置を希望しても、搬入が困難な場合は予定外の費用が掛かったり、最悪の時は安置自体が難しい可能性もあります。
搬送や安置について、予定外の出費はつきものと考え、備えておく必要があるでしょう。

以下の場合、お通夜やお葬式を行わない場合でも、火葬のみを行う場合でも最低限必要な物の費用は必ずかかります。
その他、火葬式はお値段を抑えたプランになるので、お線香等一つでもプランに入っていない葬儀会社もあるかもしれません。
葬儀会社で用意してくれる細々とした装具も、プラン確認の際よく注意してご確認ください。

遺体の搬送費用

遺体の搬送費用は、お葬式を行う場合は10km以内の搬送がプランに含まれていることが多いですが、お葬式を行わない場合は単体で費用が掛かることを心にとめておく必要があります。
費用は距離により異なります。総会社に依頼する場合、搬送のみの請け負いも対応してもらえるかどうかを、事前に確認する必要があります。
その場合は、安置の日数×安置費用がかかることを考えておかなければなりません。

遺体の安置費用・ドライアイス

自宅に安置されたご遺体は、次に火葬場まで搬送する場合は二回分の搬送が必要になることも考えておかなければなりません。
葬儀の火葬場などのスケジュールの都合により待機を余儀なくされるケースが増えています。葬儀の日程を先延ばしにしなければいけない場合は、ご遺体の保全が大切になってきます。特に夏場はご遺体がすぐに痛みます。

ご遺体は、一週間もたたないうちに火葬、荼毘に伏すことも多いので、通常はドライアイスでの冷却保全がなされます。死に化粧だけで済ませることも一般的なご遺体対応です。

火葬式のご相談・事前見積もり・自宅安置のご相談

上記でご紹介したように、火葬式で自宅安置をする場合でも、必要な手配や準備があります。
自宅安置の場合の準備は、ご自身でできる簡単な準備でもありますが、事前に葬儀会社のプランの中に、自宅安置の場合の対応をしてくれるかどうかは確認すると良いでしょう。

希望に沿った葬儀を希望されるなら、事前に必要な知識があると、いざその場面になった時に、慌てずにより穏やかな気持ちでお別れに臨めることでしょう。
葬儀についてわからない点も含め、どのような葬儀を望むのかをぜひ葬儀会社にご相談いただくことをお勧めします。

自宅安置の火葬式、ご相談については「家族葬のひびき」までご連絡ください。