家族葬コラム

家族葬のひびきが葬儀マナーから雑学、豆知識、葬儀に関する疑問の解決策まで様々な内容をお届けします。

作成日2019.04.25

カテゴリー葬儀-葬式

葬儀に伴うサービスについて

葬儀に関係するサービスは、葬儀自体にかかわるサービス(葬儀プランに含まれているサービス)はもちろん、事前準備をお考えになった時から各葬儀会社ごとにさまざまなサービスを取り揃えています。
葬儀を行う場合、どんなに抑えても高額な金額が必要になります。できるだけ葬儀の費用を抑えたいと思う方、プランの中で手厚いサービスを受け取りたいと考える方もいらっしゃるでしょう。そして葬儀自体が終わった後も、葬儀後の法要、法的手続きの手配、お墓の手配、仏壇の手配など様々な事が控えています。

ここでは、実際の葬儀を行う前に前もっての葬儀のための事前準備を考えている方向けのサービス。そして、実際に葬儀を行うためのプランに含まれているサービス内容。葬儀後、葬儀会社から提供される様々なサービスなどのご紹介します。

葬儀前に受けられるサービス

事前見積もり・パンフレットを無料でお届けするサービス

葬儀会社はお電話やメールで無料見積もりや葬儀会社の紹介パンフレット無料送付サービスなどの企業PRを行っています。
特にパンフレットの内容として、葬儀場のパンフレットはもちろん、事前準備に役に立つ情報や終活に向けてのエンディングノートなどが封入されています。そして葬儀場情報やお見積りをお葬式関係とわからない封筒で送っていただくなどの配慮も充実している会社もあります。

いつかはご自身や親族にも関わる葬儀に対して、事前準備・お見積りをすることは、様々ある葬儀会社のプランやサービスに対して、ゆっくり考えて葬儀会社と交渉できます。そうすることが結果として、大なり小なり高額な費用がかかる葬儀において大幅な費用の軽減につながるからです。
そして事前見積もりは、ご自身がどのような葬儀をしたいのか、要望などが明確になります。たくさんの見積もり、パンフレットを取り寄せることをおすすめします。

実際の葬儀プランで受けられるサービス

実際の葬儀を行う際に、様々な葬儀プラン各社ごとにありますが、その中で共通するサービスの詳しい内容をご紹介します。

寝台車・霊柩車

寝台車は主に病院等から遺体を運ぶときなどに用いられる車で、遺体を納めるので特殊用途車両として改造されているので8ナンバーがついています。
遺体を納められるように出し入れ可能なストレッチャーや、遺族同伴のためのにシートも残されています。対して霊柩車は、装飾を施した宮型タイプが最も見分けやすいですが、近年では、黒や白、紺色などのシンプルな色のバンなどが用いられるようになりました。寝台車が遺体を運ぶのに対し、霊柩車は棺を火葬場まで運ぶときなどに用いられています。

企画運営スタッフ

葬儀社の担当営業でありながらも、担当した葬儀へ自らも現場の設営などから全て一貫して関わります。
葬儀において、喪主や親族にとって何かあればいつでも声をかけて相談に乗ってもらえる存在です。

寝棺

寝棺とは、故人をあおむけに寝かした状態で納める棺のことで、現代の日本においては火葬が一般的なため、天然木棺や、合板棺、それに白布をはった布張り棺などを使用しています。形は箱型、山型、かまぼこ型などがあり、外観に彫刻をした彫刻棺などもあります。葬儀には欠かせない寝棺は、どの葬儀プランでも葬儀会社が必ず手配してくれます。

 

ドライアイス

ドライアイスで遺体を保冷して、葬儀までの数日間、遺体の損傷(腐敗)を遅らせて保全します。逝去後、遺体の腐敗を心配しがちですが、ドライアイスをあてて、適切に処置することでご遺体は数日程度は保持できます。遺体の処置や対応は葬儀会社で行っていただけます。
ただし、火葬するには死後24時間以上たたないと火葬ができない法律があり、加えて火葬場の予約状況によって遺体がすぐ火葬できない場合があります。その場合、ドライアイスが追加で必要になってくる場合があるので、葬儀会社との打ち合わせ際にもよくご確認下さい。

納棺の儀

「納棺の儀」とは、ご遺体を清潔にし、お召し物のお着替え・お化粧(ラストメイク)を行い、大切な方の旅立ちのお支度をし、ご家族様とお別れが出来るような準備を整える儀式です。熟練の納棺師の指示のもと、ご家族様のお手伝いによって大切な方を天国に送り出していただきます。シンプルな火葬式などの葬儀だと、この儀式を組み込まない場合もあります。

遺影写真一式

遺影写真は、葬儀の際祭壇などに飾る個人の写真のことで、葬儀が終わった後には、後飾り壇や仏壇の近くに飾られるのが一般的です。
遺族に用意していただいた本人が写真を使用しますが、それが小さい写真である場合もあります。その際、葬儀社の方で遺影用に引き伸ばしたり、背景を処理するなどのサービスも行っています。

祭壇装飾生花・お別れ用生花

葬儀に用いられるお花はさまざまありますが、代表的なものとして、供花、花輪、枕花、祭壇のお花があります。
供花は、一律に同じお花を並べることが多く、地域や宗教宗派により決まりがあったり、遺族の意向で供花を辞退したりということもあります。葬儀会社スタッフはそれらを全て把握していますので、つつがなく安心して葬儀を行う上でも、花の葬儀会社に手配を任せるのが良いでしょう。

死亡届・火葬手続き代行

死亡届の提出期限は、死亡を知った日から7日以内と戸籍法で定められています。届出人はご親族(同居していなくても可)、ご親族以外の同居者、家主、地主、後見人などですが。窓口に持参するのは代理人でもかまいません。ご葬儀の準備で忙しい時なので、葬儀社に代行してもらうと良いでしょう。

枕飾り・後飾り祭壇一式・式場設営一式

人の枕元に白木や白い布をかけた台を用意し、その上にいろいろなものを飾ったものを「枕飾り」。小祭壇の上に、お骨・お位牌・ご遺影・お花・線香・お供物・燭台等を置いたものを後飾りといいます。その他葬儀のための祭壇もすべて葬儀会社が手配・設置してくれます。

骨壺

骨壺とは、火葬が終わったご遺骨を納める壺をさします。骨壺も色々な種類がありご要望によりご用意が可能の場合がありますがプランに含まれるのは一般的な白7寸程度の一般的な骨壺で、葬儀会社が用意してくれます。

市営斎場式場使用料

火葬場はほぼ100%市区町村が運営する公営火葬場です。基本的に各市区町村ごとに火葬場が1か所あります。群馬県では前橋市、高崎市、伊勢崎市、太田市などの市町村にもあります。この斎場の手配・使用料に関しても葬儀会社行います。

司会者セレモニースタッフ

近年お別れ会や個人葬、家族葬などにも葬儀の進行アナウンスとナレーションを行ってくれます。

白木書物一式(位牌類)

白木位牌とは、葬儀の時、祭壇の上に安置するための仮の位牌です。塗りのない位牌で、享年、俗名、戒名などが記されています。四十九日に弔明けになると、塗位牌(本位牌)を作ります。

会葬礼状の手配

葬儀後、ご会葬くださったことのお礼状や、ご法事等で準備する案内状などのお手配も承ります。

火葬場案内スタッフ

ご遺族を控え室や火葬場館内の各場所へご案内していただきます。

 

葬儀後のアフターケアサービス

お位牌・お仏壇の手配

忌明け法要には、本位牌(法名軸)が必要です。
お位牌や仏壇の購入、買換え、クリーニングをご検討されている方は、葬儀会社によっては提携先の仏壇・仏具店を優待価格でご紹介していただける場合があります。

墓地・墓石

葬儀会社によっては提携の石材店のご紹介が可能の場合があります。普段墓石等に関して馴染みがなく、手続きに関してご存じない方もいらっしゃる場合もあります。そういった方は、一度葬儀会社にも相談いただいてもよいでしょう。

 

 

ご法事・ご法要

式場でのご法要・ご会食のほか、お料理のお届けなどの法事・法要のためのサービスも行っています。その際マイクロバス等のお手配も行ってくれる葬儀会社もあります。

 

事前お見積り・資料請求などお気軽にご相談ください。

葬儀に関してのご相談、事前見積もり、資料請求などのご用命は遠慮なく葬儀会社にお電話ください。
お急ぎの場合も24時間365日スタッフが待機し迅速に対応、ご案内いたします。

「家族葬のひびき」のホームページはこちら