相続等の相談にのっていただくことは可能ですか?

可能です。
ご相談いただければ、弊社お付き合いのある弁護士等の専門家に連絡し対応することができます。担当スタッフなどにお気軽にご相談ください。
ご葬儀後の相続手続きまでの内容と流れについて一部ご紹介させていただきます。
ご葬儀や死亡届等のお手続きが終わった後、ご相続に関する手続きが開始されます。
はじめに【生命保険、年金の受給、停止等手続き】が必要になり、故人様(被相続人)が受給していた保険が「国民年金、厚生年金保険」の場合、「年金受給者死亡届」、「介護認定」では「資格喪失届」の手続きをします。故人様が受給されていない年金は、相続人様が「未支給年金請求書」を提出することで、代わりにその年金を受け取ることができます。「国民年金」は死亡から「14日以内」に手続きする必要がありますのでご注意ください。
【遺言状の有無】【相続人と相続財産についての調査】が始まり、【財産目録】が作成されます。この時のご相続財産とは、不動産、預貯金などの財産だけでなく、負債金(借金やローン)なども含まれます。調査の終了後、結果報告をうけ、ご相続されるかご放棄されるかを「3ヶ月以内」に決めなければなりません。決まらないまま期日を過ぎますと、自動的に財産、負債も含めすべてを相続されます。その後ご相続人様間でどのように分配するか話し合う【遺産分割協議】、【遺産分割協議書の作成】、【相続人様全員の署名・実印を押印】が行なわれ、それぞれの遺産は名義変更されるはこびとなります。相続財産の合計額が、控除額を差し引いても一定額を超える場合、【相続税の申告・納付】をご相続開始から10ケ月以内に行わなければなりません。故人(被相続人)様が亡くなった年に、所得税、消費税等の納税義務者だった場合、相続の開始から4ケ月以内に【準確定申告】を行う必要があります。ご相続に関する詳細については、弊社がご紹介させていただく専門家にご相談ください。

ページTOPへ