家族葬の注意点。危険な落とし穴に陥らない為に。

安価な上に準備負担が少ない家族葬ですが、良い面だけを見てしまうと危険な落とし穴に陥ってしまう可能性があります。
「安いから」「簡単そうだから」といった理由だけで家族葬を選んでしまうとトラブルの原因になることも。
そうならないためにも、できるだけ前もって良い面と悪い面を知っておかなければなりません。

お知らせをする範囲の決め方

家族葬という響きから家族のみで葬儀を済ませると思いがちですが、親戚や親しい友人が参列しても家族葬と呼びます。
まだまだ新しい形の葬儀のため、その定義もはっきりと決まっていません。
文字通り、家族だけのものもあれば、住まいの近い親戚を呼ぶ場合や、遠方の親族を呼ぶ場合もあります。また、親戚を呼ばずに故人が特に親しかった友人を呼ぶ場合もあり一概に家族葬といっても様々なのです。
そこで問題になってくるのが、どの範囲までにお知らせをするのかです。
家族だけなのか、親族も呼ぶのか。もし親族を呼ぶとしたらどの範囲までにお知らせするべきか。個人が特に親しくしていた友人にはお知らせするべきなのか。
判断が難しく、悩まれる方も多いです。
この問題で、一番の解決方法は故人が生前に誰を呼ぶのかきちんと決めておき、なおかつ参列予定者に声がけをしておくことです。
近年では「終活」という言葉も生まれ、死に対するネガティブな印象がなくなりつつありますので、生前に故人が葬儀の予定を話題に出すことも以前に比べれば難しくありません。
しかし、まだまだ浸透していない葬儀の形ですので難色を示す方もいると思います。
そういった際は、相手を見極めて話をすることが重要です。
また、故人の希望であることを明確に伝えることができれば「家族葬に呼んでもらえなかった」と、後になって言われることも少ないでしょう。
故人の遺志とは別に遺族が家族葬を希望する場合では上記の解決策を使うことができません。
場合によっては、家族葬を選んだことを周囲から非難される可能性もあります。
この場合は、普段からの親戚づきあい等で異なってくるため明確な解決方法がありません。
家族葬のひびきでは事前相談も受け付けておりますので、お客様のご希望をお聞かせください。
不要なトラブルを避けるためにも、お知らせする範囲をどこまでにするか、故人が特に親しかった友人は呼んでもいいのかといった疑問にお答えさせていただきます。

お知らせをしなかった方へのフォロー

家族葬はごくわずかな参列者で行われるため訃報をお知らせする範囲も限られます。
では、故人との付き合いはあったもののお知らせをしていない方にはどのようなフォローをすればいいのでしょうか?
故人とはあまり深いお付き合いをしていない方の場合は、亡くなったタイミングにもよりますが、年末の喪中はがきでのお知らせで問題ありません。
気を付けなければならないのが、故人と親しくしていた方たちへのお知らせをするタイミングです。
遅くなればなるほどトラブルに発展する可能性があるため、可能であるならば葬儀前に訃報を伝え、家族葬であるため参列を辞退する旨を知らせるようにしましょう。
しかし、人の死とは突然訪れるものです。葬儀前に全てをこなすのは難しい場合があります。
そういった場合には、葬儀が落ち着き次第にお知らせをするよう心がけてください。
お知らせを受け取った方たちが、家へ弔問に訪れたり、お墓参りを希望したりすることがあります。
その際に、香典を受け取る、受け取らないで揉めたり、香典返しの用意がなかったりと慌ただしくなってしまう可能性がありますので、その対応をしっかりした上でお知らせをすることをおすすめします。
このような心配事も、家族葬のひびきにご相談ください。
家族葬を年間200件以上取り扱っておりますので、様々なアドバイスができると自負しております。
故人との最後の別れである葬儀がきっかけでトラブルになってしまうのは、故人にとっても望んでいないことでしょうから、できるだけ事前に対処できることはしておきましょう。

値段だけで決めてしまわないように

安価を謳う家族葬ですが、価格だけで決めてしまうのは危険です。
非常に安い金額を提示していても、葬儀が終わってみれば見積もりよりはるかに高い金額を請求されてしまう事例が後を絶ちません。
なぜ後になり高額請求をされてしまうのか、見積もり通りで済ませるにはどうすればいいのでしょうか?
まずはプラン内容をしっかりと知ることです。
たとえ安価であっても、霊柩車代が入っていない、祭壇設営費が入っていないといった場合があります。結果的に遺族が霊柩車を手配したり祭壇設営を手配したりと、手間と別途費用がかかってきてしまいます。
葬儀を行う際に、何が必要で何が必要でないかを前もって把握し、プラン内容には何があり何が足りないのかを見極めることで不要な出費を抑えることができます。
必要最低限のプランで葬儀を行いたい、という希望であれば見積もり通りの金額で済む場合が大半です。
しかし、プランに含まれていないことを希望するとその分の値段が上がります。
例えば、家族葬のひびきの「斎場で行う1日葬プラン」では25万円で葬儀を行うために必要な霊柩車、寝棺、ドライアイス等を含んでいます。
ただし、参列者の送迎や、宗教者に対する支払い等は含まれていません。
オプションとして後からつけることは可能ですが、その場合は25万円以上になってしまうということです。
プラン内容とお客様の希望をしっかりとすりあわせることで不要な出費を抑えることができます。

家族葬でも高額になってしまうことも

一般葬から比べれば安価で済ませられる家族葬ではありますが、注意をしないと一般葬以上の葬儀費用になってしまう可能性があります。
高額になってしまうポイントとしてはオプションをつけてしまうことでしょう。
例えば、家族葬のひびきの場合は「斎場で行う1日葬プラン」が税別で25万円です。
このプランには葬儀運営に必要なこと、ものが含まれておりますが飲食接待費や宗教者に対する支払いは含まれておりません。
精進落としをお願いしたい、参列者の送迎を頼みたいといったご要望に応えることは可能ですが、その分の料金が必要となってしまいます。
オプション料金の内訳をしっかりと説明させていただき、お客様に納得していただいた上で追加するように心がけていますが、葬儀社によってはきちんと金額を説明せずに当然のように高額のオプション料金を上乗せする場合もあるので注意しなければなりません。
大切な家族が亡くなり、深い悲しみの中で葬儀の準備を行わなければいけない状態では冷静に判断ができない場合があります。そこにつけ込む悪徳業者がいるのも事実です。
そうならないためにも、事前相談を行い葬儀社との信頼関係を築き上げておく必要があります。
近年では「終活」という言葉も一般的になってきており、以前ほど死に対するネガティブな印象は軽減しつつあります。
家族葬のひびきでは事前相談を随時受け付けておりますので、その際に「プランにないけど精進落としを追加したい」「参列者の送迎を頼んだ場合はいくらくらいかかるのか」等の細かな質問をぶつけてください。
お客様に納得いただける説明をさせていただきます。
また、プランのアレンジにも対応させていただいておりますので「1日葬プランだけど祭壇を豪華にしたい」「骨壺はプラン以外の物を利用したい」といったご要望にもお応えできます。
葬儀後に、想像以上の金額を請求されないためにもプランに何が含まれているのかをしっかりと把握することが大切でしょう。
また、見積書を必ずもらうようにしてください。
見積もりを確認する際に重要なのは、明瞭さです。
例えば「葬儀費用一式」などとひとくくりにされてしまっていては、どこに何が含まれ、何が含まれていないのかを確認することができません。
他にも、「生花代」とだけ書かれていても何本なのか、どのような内容なのかがわからず、当日予想に反する生花が用意されている場合もあります。
大切な家族が亡くなった悲しみと、急いで葬儀の準備をしなければならない状況で、冷静に見積書を確認することは難しいかもしれませんが、葬儀後に後悔しないためにもしっかりと確認してください。

葬儀後について

僧侶や神主といった宗教者に対する金額は、一般葬であれ家族葬であれ葬儀費用の中では高額になることがほとんどです。
仏教であれば、読経料に戒名料等が必要になってきます。地域や宗派によって異なりますが、数万円から数十万円、場合によっては数百万円かかることもあります。
そのため、家族葬なので宗教者は呼ばずに遺族だけで見送りたいと希望する方も増加傾向にあります。
しかし、その判断をしたがために菩提寺に納骨できないトラブルや、その後の法要(仏教でいう初七日や四十九日)をどうすればいいのか判断に迷ってしまうことも。
葬儀費用だけを見れば、宗教者を呼ばないという選択肢は間違いではありませんが、その後、余計な手間と費用がかかってしまう場合もあります。
このような事態に陥らないためにも、宗教者を葬儀に呼ぶのか、呼ばない場合は納骨場所や法要をどうするのか等の事前の打ち合わせを宗教施設や葬儀社としなければなりません。
家族葬のひびきでは年間200件以上の実績がありますので、宗教者、宗教施設に対するご相談も受け付けております。
「宗教者を呼ぶ予定がないのだけれど」「菩提寺がないけれど、どうすればいいんだろう」といった疑問にもお答えさせていただきます。
また、無宗教の方向けのプランも存在しますのでお気軽にお問い合わせください。

直葬の注意点

家族葬よりも更に安価で、準備も時間もそれほどかからない直葬。
故人が高齢で参列する親戚がいない、参列者が高齢のため時間をかけたくない、費用を最小限に抑えたいといった理由から、葬儀を行わずに火葬を行う直葬を選ぶ方も少なくはありません。
費用も時間もかからない直葬ではありますが、注意しなければならない点がいくつかあります。
直葬は家族葬以上に理解の得られない故人とのお別れ方法です。家族葬であれば、親族や親しい友人の参列が可能ですが、直葬はごく限られた家族のみしか参列できません。
参列予定者が家族のみの場合であれば問題ありませんが、親族や故人の友人がいる場合にはしっかりと理解をしてもらわなければなりません。
また、葬儀がないため故人との別れの時間をしっかりと確保することが難しくなります。
葬儀の準備が大変だから、安価で済ませられるからといった理由だけで直葬を選んでしまうと後悔してしまうことも。
火葬をしてしまえば葬儀のやり直しはできません。
故人ともっとゆっくり別れたかった、きちんと葬儀をしてあげればよかったと、後々ご遺族が苦しんでしまう可能性も否定できないのが事実です。
葬儀は故人が参列者に別れを告げる最後の場であり、参列者が故人を弔うための場でもあります。
その場を設けなかったことで、遺族は故人の死をいつまでも受け入れられなくなってしまう場合もあります。
直葬にする場合は安易に決めず、遺族が納得した上で行うようにしましょう。

トラブルを避けるため事前の相談を

家族葬、直葬はまだ浸透していない葬儀の形であり、定義すら曖昧です。
実際に経験したことがある方は少ないことでしょう。
また、葬儀社によっては一般葬の実績はあっても、家族葬の実績がなく理解が浅い場合もあります。
家族葬のひびきでは、家族葬や直葬のみを取り扱っており年間200件以上の実績があるため、経験が豊富です。
些細な疑問にもお答えできます。
「家族葬」という言葉は一般的になりつつありますが、その実態を知らない人が多すぎるためにトラブルになってしまっているのが現状です。
誰を呼ぶのか、呼ばなかった人にどう対応すればいいのか、家族葬の相場はどうなのか、家族葬に参列する際のマナーはどうなのか。
経験がない上に周囲での実体験を聞くことがほとんどないために、疑問や不安が湧いてきます。
疑問や心配事は経験が解決しますので、豊富な実績の家族葬のひびきでしたら安心です。
事前相談をしていただければすぐにアドバイスもできますし対処も可能です。
当日になり慌ててしまい、故人とゆっくり別れられなかったといったようなこともありません。
ご自身の「終活」の一環でご相談いただくことも可能ですし、ご自身が喪主になる可能性がある場合でも、もちろん問題ありません。
故人との最後の別れとなる葬儀を悔いのないものにするためにもご相談ください。

ページTOPへ