家族葬や葬儀で、当日に慌てないためのマナー

常に葬儀に対して準備をしている人なら慌てることはないでしょうが、葬儀というものは突然おとずれるものであり、参列する場合は慌ててしまう方も多いと思います。
地域や宗教、宗派によって内容も異なりますし、家族葬ともなれば、わからないことだらけになってしまうことも。
葬儀当日に慌てないためにも、葬儀のマナーを覚えておくと安心できます。

一般的な葬儀のマナー

服装

一般的には、男女共に喪服で参列します。
男性の場合はブラックスーツ、ブラックフォーマルにワイシャツ、黒のネクタイ(光沢のないもの)、黒の靴下に黒の革靴をあわせるのが無難です。また、ベルトも黒のものを着用するようにしてください。
女性の場合も同じくブラックスーツやブラックフォーマルを着用しましょう。その際は露出の高いものは避け、またスカート丈に注意しなければなりません。膝丈からふくらはぎ丈のスカートが望ましいです。
足下は薄手の黒いストッキングが基本で、30デニール以下のものを選ぶようにし、黒のパンプスとあわせます。
アクセサリーは真珠が定番ですが、あまり派手になりすぎないように。
通夜や葬儀は急なことなのでネイルを落とす時間がない方がいらっしゃるかもしれません。そういった場合には黒色、もしくは地味な色の手袋を用意しておくと安心です。
ただし、焼香がある場合は手袋を外すのがマナーとなりますので可能であればネイルを落としての参列が望ましいです。
上記が一般的な葬儀での服装となりますが、用意が難しいという方は平服でも問題ありません。
なるべく暗い色で地味な服装を心がけましょう。

持ち物

仏教の葬儀に参列する際の基本的な持ち物は、数珠、袱紗、ハンカチです。
男性はバックを持たず、ポケットにしまいましょう。
女性は黒の布製バックにそれらをしまい参列してください。
数珠は宗派によって異なりますが、一連のものであればどの宗派でも使えます。
ハンカチは白色もしくは黒色のものを用意し、派手なものは避けましょう。

注意点

葬儀に参列する際、見落としがちなのが香水です。葬儀では香りのきつい香水はマナー違反となりますので、普段から香水を愛用する方は気をつけなければなりません。
また、派手なメイクや髪型も好まれません。女性は特に注意をしましょう。
葬儀は故人を送る最後の儀式となりますので、遅刻は厳禁です。ただし、亡くなった当日に行われる通夜に関しては、遅れてでもいいので駆けつけるようにしましょう。

子供が参列する場合

中学生以上であれば制服での参列が望ましいです。色合いが少し明るい制服やチェック柄などがある場合もありますが問題ありません。
小学生以下の場合には、なるべく暗めの色合いで光沢がないものを選ぶようにしましょう。

家族葬のマナー

基本的には一般葬のマナーと同じです。
ただし喪家が「平服でおこしください」と伝えることがある場合も。一般的に平服は普段着という意味合いを持っていますが、葬儀の際の平服は略喪服を指していることが大半です。
そのため、一般葬と同じようにブラックスーツやブラックフォーマルを着用するようにしましょう。
家族葬は故人の意志や遺族の希望により内容が異なりますが、喪主から特に何も言われていない場合は一般葬と同じように用意をしましょう。

香典について

香典はいつ渡すべきなのか、金額はどの程度なのか、わからないけれどお金のことなので、誰かに聞きにくいと思う方も多くいらっしゃいます。
突然の葬儀に慌てないためにも事前に渡すタイミングや金額などを覚えておくことをおすすめします。

金額

通夜と葬儀がある場合、どちらか一方で渡すことになります。
受付がある場合は、芳名帳に記帳し受付係の方に手渡します。
受付がない場合は、遺族に直接手渡すか拝礼時に供えるようにしましょう。
家族葬の場合は受付を設けないことがありますので、遺族に直接手渡す方法が一般的になります。

渡すタイミング

中学生以上であれば制服での参列が望ましいです。色合いが少し明るい制服やチェック柄などがある場合もありますが問題ありません。
小学生以下の場合には、なるべく暗めの色合いで光沢がないものを選ぶようにしましょう。

香典袋について

通夜、葬儀の際には御霊前を利用するのが一般的です。
仏教以外でも利用できますので、故人の宗教がわからない場合でも御霊前を利用しましょう。
その際に、外袋に名前、中袋表面に金額、中袋裏面に住所と名前を記載するのを忘れないように注意してください。
上記のものが書かれていない場合、遺族に対し余計な気遣いをさせてしまう可能性があります。

参列できない場合

訃報を受けた際に、やむを得ず欠席する旨を伝えます。
故人との関係によりますが、親族や親しい間柄ならば弔電を打つ、香典を送る等をして弔意を表しましょう。
弔電を打つ場合は葬儀の前日までに斎場へ届くようにし、宛先は喪主にしましょう。
香典を送る場合は、香典袋を現金書留の封筒に入れ喪主宛に郵送しましょう。
お悔やみと欠席を詫びる手紙も同封することが望ましいです。
花や供物を送り弔意を表すこともありますが、斎場のスペースによっては難しい場合もありますので注意しましょう。

弔問する際のマナー

弔問とは通夜の前、あるいは葬儀後から四十九日前に遺族を訪問することを指します。
家族葬の場合ごくわずかな近親者しか参列しないため、故人の友人や仕事関係者は弔問することになるでしょう。
その際の服装や持ち物はどうすればいいのでしょうか?

弔問するタイミング

葬儀後、自宅へ弔問する際は必ず事前に連絡をしておきましょう。
葬儀が終わっても遺族は心の整理がつかなかったり遺品整理をしたりと落ち着かない日々を過ごしています。
なるべく遺族の負担にならない日時を選ぶようにしなければなりません。
また、葬儀後すぐであると遺族の負担になってしまう場合がありますので葬儀が終わり、3日程度経ってから連絡を入れるようにしたほうが良いでしょう。

服装

可能であれば通夜や葬儀と同様に略喪服の着用が望ましいです。ただし、正式な儀式ではないのでカジュアルな服装や、露出度の高い服装、派手な服装でなければ問題ありません。

持ち物

喪家が辞退していなければ香典、もし辞退している場合は何も持たなくても大丈夫です。
香典は辞退されたが渡したいと考えている場合は、故人の供養のために供物を持参することも可能となります。
日持ちするお菓子や果物等が一般的ですが、遺族の負担にならないように配慮しましょう。
また、宗教により供物が異なりますのでその点も注意しなければなりません。

弔問の流れ

事前に遺族へ連絡をし弔問をする日が訪れたら、まずはお悔やみの言葉をかけます。この際、通夜、葬儀に参列できずに後日弔問する場合はお詫びもするようにしましょう。
挨拶を終え、遺族が御霊前に通すまでは自分から家へ上がらないように気をつけてください。
案内されたら、線香をあげます。宗派によって線香の本数や立て方が異なりますが、故人が信仰していた宗教を知らない場合には普段ご自身があげる方法で問題ありません。
香典や供物を持参している場合は、線香をあげた後で遺族に渡すのが好ましいです。
弔問した際は、遺族への負担を考え長居せず引き上げることを心がけましょう。
葬儀が終わっても、遺族はまだ深い悲しみに包まれている状態ですので配慮が必要です。
帰り際に「何かお困りのことがあればお手伝いします」といった旨の、遺族を気遣う言葉をかけると、より丁寧な印象になります。

通夜前の弔問について

基本的に、故人の近親者や特別親しい間柄の関係でなければ通夜前の弔問は厳禁です。
通夜、葬儀に参列できないから通夜前にと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、通夜前の遺族は深い悲しみの中で葬儀の手配をしなければなりません。
そのため、遺族の気持ちに寄り添って弔問を避けることも大切です。
では近親者や、親しい間柄で通夜前に弔問をしたいと考える場合はどうすればいいのでしょうか?

服装

通夜、葬儀は喪服なのだから通夜前の弔問も喪服と考える方もいるかもしれませんが、そこまで準備されてしまうと故人の死を予測していたかのように思われてしまう可能性がありますので、暗めで派手なデザインではない服を選ぶのが無難です。
また、通夜前の弔問に訪れるほどの関係性ならお手伝いをする可能性もあるため、女性の場合であれば華美ではないエプロンを持参しておくと良いでしょう。

持ち物

香典は持って行ってはいけません。
理由は喪服と同様で、事前に故人の死を予測していたように捉えられてしまうためです。
香典は通夜もしくは葬儀で渡すようにしましょう。
通夜、葬儀、弔問それぞれにマナーがありますが、一番大切なのは故人を偲ぶ気持ちと遺族に対する配慮です。
それを忘れずに参列、または弔問するようにしましょう。

ページTOPへ