家族葬のメリット・デメリット

葬儀の形式にこだわらず、様々な葬儀が執り行われる昨今。
家族葬も増えてきました。
しかし、今までなかった様式であり、定義もはっきりと決まっていないため問題点も多く存在します。
基本的に葬儀社のプラン説明ではメリットのみしか説明がなく、デメリットは見えにくいです。
この項目では、メリットはもちろんですが、デメリットについても説明させていただきますので、理解を深めた上で一つの選択肢として考えていただければと思います。

家族葬のメリット

徐々に増えつつある家族葬。
言葉は知っているけれど、一体家族葬にどのようなメリットがあるのでしょう?

故人との別れの時間がしっかりとれる

一般葬と違い、家族葬は家族のみ、家族と親族のみといったごく少数の人数で行われることが一般的です。
そのため、参列者に挨拶をしたり、たいした付き合いもなく義理だけで参列している人に対し気遣いをしたりする必要がありません。
一般葬では常に気を張り、参列者に挨拶をしお礼をつたえなければならなく、故人との別れをゆっくりできる時間がほとんどありませんが、家族葬であれば参列者は見知った相手のため、故人と別れるための時間が確保しやすくなります。

準備する時間が減らせる

故人との急なお別れで気持ちの整理がつかないままに、参列者の数を予想し会場を予約したり、親戚や友人、故人の関係者に連絡をしたりと一般葬では慌ただしくなってしまいます。
その上、香典返しや精進料理の手配等の準備が必要になるでしょう。。
しかし、家族葬であれば連絡する相手は家族や親戚などに制限され、また参列者の数も予想がつきやすいです。
家族葬ではお通夜式を無くしたり、宗教者を呼ばないようにしたりすることもできますので、そういった手配の手間もなくなります。
そのため、葬儀までにしなければならないことが一般葬に比べると圧倒的に少なくなり、準備にかかる時間も減らせるということです。

安価で行える

少人数しか参列しない家族葬。
そのため、会場は一般葬のように広い場所を用意する必要もなく、また祭壇も会場の大きさに合わせてのものとなりますので、小さめのサイズとなり安価で済みます。
また、葬儀に関わるスタッフの人数も少なくなるためその分の費用も削減することが可能です。

形式にとらわれない

故人の意志や遺族の気持ちが最優先される家族葬は、一般葬のように形式張ったものではありません。
例えば、故人が趣味で絵画や書道、陶芸などの創作活動をしていた場合は、それらを展示し、展覧会のようにするといったことも可能ですし、故人が好きなアーティストの曲を、たとえそれがハードロックであったとしてもBGMとして使用することもできます。
極端ではありますが、僧侶や神主といった宗教者を呼ばずに、故人とお別れをするだけの式にすることも可能となりますので、葬儀自体の時間を短くすることもできます。

家族葬のデメリット

メリットのたくさんある家族葬ですが、もちろんデメリットも存在します。
どのような点に注意をしなければならないのでしょう?

かかる費用を勘違いしやすい

家族葬について調べると、安価なプランがたくさん用意されています。一般葬では数百万円以上のプランが主流の中、数十万円のプランがほとんどの家族葬は一見するととても安価になります。
しかし、そのプランの中には香典返しや宗教者に支払う金額、精進落とし等は含まれていません。
それらの金額を合計するとそこまで安価ではなくなってしまう可能性があるので気をつけましょう。
特に、宗教者に対する支払いは宗派や地域によって大きく変わってきます。
そのため、事前に確認ができるようであれば確認しておいた方がいいでしょう。
また、一般葬のようにたくさんの参列者が来ないため香典を葬儀費用の一部に充てようと考えると、計算が狂ってしまう可能性もありますのでその点も注意しなければなりません。

周囲の理解を得られない

家族葬はまだまだ新しい葬儀の形です。そのため、周囲の方からは理解を得られない可能性があります。
特に高齢の方は新しい物事を比較的受け入れにくく、一般葬と異なる家族葬に難色を示す方もいます。
家族葬は形式にとらわれないとメリットの点で説明をしましたが、形式張った式ではないということに腹を立てたり文句を言ったりする参列者がいる可能性もあります。
そうなってしまうと、せっかく故人の意志を尊重するためや故人との別れの時間をしっかりとるために家族葬を選んだのにも関わらず、理解を得るための対応に追われてしまいます。
そうならないためにも、事前にしっかりと理解をしてもらえるよう周囲に説明をしておきましょう。

後日の対応に追われる

家族や近親者で行われる家族葬ですが、故人の友人や仕事関係者が葬儀後に訃報を知り家へ尋ねて来ることがあります。
そのたびに対応に追われたり、場合によっては香典返しを用意したりしなければなりません。
故人とのお別れの余韻がまだ残る中、ゆっくりと思い出にひたることができず、ひっきりなしに来る弔問客の相手をしなければならない可能性もあります。
また、葬儀に呼んでもらえなかったことに対し遺族に苦言を呈する場合もあることを想定しなければなりません。
「葬儀費用を浮かせたかったから家族葬にしたんだ」などと暴言を吐く人がいないとも言い切れません。
そういった弔問客に対し、一から説明をしていては遺族はいつまで経っても心を休めることができないでしょう。
そうならないためにも、可能であるならば葬儀の前に故人の関係者にハガキや手紙などで連絡をしておくといいでしょう。
その際の文面には「家族、親戚のみで行う」といったことを書いておくと後々のトラブルを回避することが可能です。

家族葬を穏便に済ませるために

家族葬の一番の問題点は、周囲の人々の対応です。
デメリットにも書いた通り、理解が得られなかったり葬儀後の弔問客の対応に追われたり。
新しい形の葬儀のため、浸透するまでには時間がかかるでしょう。
そのため、生前に家族葬についてきちんと調べた上で、家族、親戚、友人等に家族葬がどういったものかを周知しておくことが望ましいです。
故人の旅立ちを気持ちよくお見送りするためにも、事前の準備は可能な限りしておきましょう。

ページTOPへ