家族葬を行う際の準備や段度りはどうすれば良いの?

親族や故人が生前親しかった友人・知人など、限られた方々だけでゆっくりとお別れの時間を過ごすことができる家族葬。
一般的な葬儀に比べ小規模でできることから、最近では家族葬を選択する人が増えてきています。
残されたご家族の負担を減らせる、費用を抑えることができる、故人やご家族の意思を尊重できるなど、家族葬には様々なメリットがあります。
家族葬のひびきでは家族葬向けのプランや直葬(火葬のみ)向けのプランをご用意しておりますので、ご希望に合わせてお選びいただけます。
家族葬をおこなう際には、準備に必要な事をあらかじめ確認しておくとスムーズに式が執り行えます。
家族葬にして良かったと思えるよう、事前に知っておきたい準備や段度りについて、詳しく解説していきます。

家族葬に参列してもらう方と人数を決める

家族葬をおこなう準備として、まずしておきたいのが参列者の範囲を決めることです。
葬儀に誰を呼ぶか、参列者は何人になるのか、あらかじめ決めておきましょう。
家族葬では基本的に、故人の親、配偶者、子、孫、兄弟姉妹が参列することになります。
加えて、特に親しかった友人や知人にも参列をお願いします。
「家族葬の参列者は何人まで」と明確な決まりがあるわけではありませんが、一般的には30人までが目安とされています。
通常の葬儀では、親族、知人・友人のほかにも、仕事関係の方やご近所の方も参列することがありますが、家族葬ではごく限られた方のみが参列し、小規模でおこなわれます。
少人数でゆっくりとお別れの時間を過ごしたいとのご希望があれば、準備の段階で誰を呼ぶか決めておきましょう。
故人との生前の関係などを考慮しながら、ご家族で話し合って呼ぶ方を選んでいきます。
家族内でも意見がわかれることがありますので、お互いが納得できるように時間をかけて話し合いをおこないましょう。
参列者を決めておくと事前に人数が把握できるため、返礼品や料理を用意する際に数が足りなくなるということもありません。
万が一の時のための連絡先や、参列してもらう範囲などを記入したリストを事前に作成しておくと、準備がスムーズにおこなえるのでおすすめです。
ただ、家族葬で特に気を付けなければならないのが、呼ばなかった方への対応です。
「あの人は呼ばれたのに、私は呼ばれなかった」など、参列についてはトラブルになることも考えられます。
また、式に参列できなかったので自宅へ弔問に訪れたいと申し出てくる方もいるでしょう。
今後のお付き合いを考えて、対処にも気を配る必要があります。
訃報の連絡をする際に、参列してもらいたい方には早めに電話などで連絡をして、葬儀の予定を伝えておきます。
会社関係の方やご近所の方へは、家族葬のため参列は辞退する旨をはっきりと伝えましょう。
もしくは葬儀が終わった後に、お知らせが遅くなったお詫びとともに、身内だけで家族葬をおこなったこと、弔問や香典は辞退することなどを伝えると、トラブルを避けられます。
家族葬では献花もお断りすることが多くなっています。
その際にも、辞退する旨を事前にはっきりと伝えておきましょう。
参列者から、呼ばれなかった方へ葬儀の話が伝わってしまうことも考えられるため、訃報を送る際には充分な配慮が必要です。

家族葬をおこなうための葬儀社を決める

もしもの際に備えて、早めに依頼する葬儀社を選んでおきましょう。
初めての葬儀では、何をすれば良いのか分からず戸惑ってしまうものです。
信頼できる葬儀社に依頼することで、安心して葬儀をおこなうことができます。
葬儀社を決めるポイントとしては、家族葬に理解があるか、事前に明確な見積もりを出してくれるか、という点です。
また、スタッフが親身になって対応してくれるかどうかも重要になります。
家族葬のひびきでは、専任担当制で最初から最後までお見送りをサポート致します。
分かりやすいプラン内容とお見積もりをご用意しておりますので、経験豊富なスタッフに安心してお任せください。
葬儀のお見積もりをする際には、プランに含まれる内容をご確認ください。
家族葬のひびきでご利用の多い「1日葬プラン」では
・お迎え
・葬儀をおこなうまでの安置代
・祭壇設置
などの料金もプランの料金に含まれています。
ご希望により、1日目にお通夜をおこなったり、追加オプションを付けたりすることも可能です。
ほかにも、火葬のみの直葬プランなどもございますので、どのようなことでもご相談ください。
セット内容を分かりやすくご説明させていただきます。
また、家族葬のひびきでは、生前相談も受けて付けております。
あらかじめ葬儀について細かな点も決めておけるため、万が一の時にも安心です。
生前相談なしでも葬儀のご依頼は受け付けておりますが、あらかじめご相談いただけると準備をおこなう際にもスムーズです。
事前に、もしもの場合にはどうればよいのか、葬儀の段取りはどのようになるのかなど、どのようなことでもご質問ください。
24時間365日いつでもご対応致します。

葬儀についての打ち合わせ

葬儀について、葬儀社と詳しい段取りを決めておきましょう。
同じ家族葬でも、2日かけて通夜と告別式をおこなう場合や、1日でおこなう場合、葬儀場を利用して式をおこなう場合など、様々な方法があります。
宗教・宗派のご確認のうえ、葬儀でおこないたいことなどのご希望があれば担当者へお伝えください。
家族葬のひびきでは、様々なプランをご用意しております。
家族葬のひびきは、主に市営斎場(葬儀場)を利用して家族葬をおこなっております。
高崎市斎場、前橋市斎場など、群馬県内の各市町村の斎場・聖苑と提携しておりますので、低価格で質の高い葬儀のご提案が可能です。
市営斎場での葬儀は、通夜・告別式~火葬まで、ご移動することなく施設内でおこなえることが大きなメリットです。
また、式場使用料金が民間ホールよりも低く抑えられるという利点もあります。
ほかにも、市営の斎場ではなく、家族葬のひびきの施設を利用してお別れの時間を過ごすことも可能です。
その場合は通夜・儀式はございませんが、形式にとらわれることなく故人とのお別れの時間をゆっくりと過ごしていただけます。
家族葬のひびきの施設は10名様ほどまでのご納棺の儀式や、火葬前のお別れの際にご利用いただけます。
通夜・葬儀後のお食事を用意することも可能ですのでご相談ください。
「親族に高齢者が多いので1日で葬儀を済ませたい」
「お葬式はおこないたいが、できるだけ費用をおさえたい」
「家族葬でも一連の儀式をおこないたい」
など、ご本人やご家族のご希望を元に、大切なお別れの時間をサポートをしていきます。
打ち合わせの際にはどのような事でも構いませんので、担当者へご相談ください。
話し合いながら、具体的な段取りなどを決めていきましょう。
ご質問や分からないことがあれば、その都度お伝えください。
打ち合わせをおこなう際に、遺影写真と印鑑をご用意して頂くようお願い致します。
お写真はかしこまったものである必要はありません。
故人の人柄が伝わるような、何気ない日常の瞬間を収めたものなど、ご希望のお写真で承ります。
また、生前相談や葬儀の打ち合わせには、書類の記入をお願いすることがあります。
捺印が必要な箇所がありますので、あらかじめ印鑑のご用意をお願い致しております。
お付き合いのあるお寺がありましたら、打ち合わせの際にお知らせください。
もしお決まりのお寺がない場合には、ご相談ください。

喪主の決定

葬儀をおこなう際には、まず喪主を決める必要があります。
喪主は遺族の代表者として、葬儀の様々なことを取りまとめる役です。
故人の配偶者が務める場合が多くなっていますが、明確な決まりはありません。
配偶者が高齢であったり、体調により喪主を務めるのが困難だったりする場合は、個人との血縁の深い方が優先されます。
1:長男
2:次男以降の直系の男子
3:長女
4:長女以降の直系の女子
5:故人の両親
6:故人の兄弟姉妹
以上のような順になっています。
配偶者も血縁者もいない場合は、友人や知人、施設の職員などから喪主を選ぶこともあります。
また、遺言によって指定されている際には、それに従います。

もしもの時におこなうこと

もしもの時には、病院などで「死亡診断書」を発行してもらいます。
また、役所にて火葬許可申請や死亡届の手続きが必要となります。
家族葬のひびきでは、火葬許可と死亡届の手続きを代行致しております。
プランにも含まれていますので、安心してお任せください。
お迎えは病院・介護施設・警察など、どこでもすぐに伺います。
24時間対応しておりますので、必要な時にはすぐにご連絡ください。
通常、お電話を頂いてから1時間程度で到着できるように心掛けております。
現地のスタッフと相談して、ご自宅または弊社安置施設のいずれかをお選びください。
弊社の安置施設をご利用の際には葬儀までの間、責任を持ってお預かり致します。
それから、葬儀に参列して頂く方に訃報をお伝えしましょう。
当日まで日にちがない場合は、すぐにお知らせできるように電話での連絡をおすすめします。
葬儀の日程を決める際には、僧侶の予定、火葬場の空き状況、親族の状況、六曜などを確認しましょう。
一般葬では職場や学校の都合がつきやすい土日祝日におこなわれることが多くなっていますが、家族葬の場合は参列する親族の都合が最優先となりますので、平日に葬儀をすることもあります。
ご家族が亡くなった際に、住民票の移動が必要となるケースがあります。
葬儀の準備として、事前に本籍や住民票を調べておくと良いでしょう。
また、故人名義の預金・口座は遺産相続が発生するため凍結されます。
葬儀の費用や僧侶へのお布施などで現金が必要になることもありますので、預金関係の整理・確認も忘れずにおこないましょう。
クレジットカード、携帯電話の契約確認なども万が一に備えておこなっておくと慌てずにすみます。

納棺

お通夜や告別式の前に、遺体を棺に納める儀式を納棺と言います。
故人の愛用品などを副葬品として一緒に棺へ入れることもできます。
すべてを納めた後、合掌し棺のふたを閉めます。
納棺は故人の旅支度をするための大切な儀式です。
納棺が終わりましたら、霊柩車で斎場までご搬送致します。
その後、式場にて告別式、お別れ、火葬となります。
直葬プランの場合は、納棺後に斎場にて火葬という流れです。

ページTOPへ