家族葬の相場と対処の方法

まだまだ新しい葬儀の形、家族葬。
そのため、似たような内容でも葬儀社によって葬儀費用に差があります。
また、葬儀にかかる費用は地域によって大きな差がでることも。
そういった背景から、はっきりとした相場を提示することが難しいのが現状です。
しかし、相場がわからないままに依頼をしてしまい、想像以上の価格を提示されては困ります。
では、はっきりとした相場が出ていない以上、どのように対処をすればいいのでしょうか?

葬儀の相場

一般葬の全国平均ですが、日本消費者協会が2017年に調査した結果によると195万円であることが判明しました。
その内訳は祭壇や葬儀当日の運営費などの葬儀一式費用が約121万円、料理代や返礼品代などの飲食接待費が約30万円、お布施等の宗教者に支払う費用が47万円です。
一般葬ですと参列者も多くなり、その分の料理代や返礼品代、斎場のスタッフ代が多くかかってきてしまうため比較的高額になりやすいです。
ただし、平均値ですのでこの金額を相場として考えてしまうのは危険です。
葬儀と一概にいっても豪華な祭壇や高額な返礼品を用意する葬儀もあれば、宗教者も呼ばずお別れ会のような形の葬儀があるためです。
また、参列者数によっても金額が異なってきますので相場という相場が出せないのが現状です。
一方で、家族葬は家族のみ、家族と親族のみといったごくわずかな参列者しかいません。
そのため、一般葬ほどの金額はかからないでしょう。
精進落としや返礼品を無くせば更に費用を抑えることが可能ですし、参列者が少ないため広い斎場を借りる必要もなく、またスタッフも少人数で済むため、その分の費用も削減でき安く済ませられます。
しかし、宗教者に対する支払い金額は参列者の数によって極端に前後するものではありません。
もし、香典を葬儀費用に充てたいと考えている場合ですと、参列者が少ないため一般葬よりも喪主が支払う金額が高くなってしまう場合がありますので注意が必要です。
鎌倉新書第3回「お葬式に関する全国調査」(2017年10月)によれば、家族葬の平均価格は911,544円でした。
この平均額は葬儀そのものにかかる費用です。飲食接待費や、宗教者へ対する支払い金額は含まれていません。
一般葬同様に、あくまで平均であり相場ではありませんのでその点は注意しましょう。

宗教者へ支払う相場

葬儀の中でも大きな割合を占める宗教者への支払い相場はどのようになっているのでしょうか?

仏教

お布施額は宗派、地域により異なるため相場は不明ですが、仏教での葬儀の場合「戒名」が必要になります。
戒名料は20万円から100万円以上かかるため、仏教での葬儀は比較的高額になってしまいます。

神道

こちらも地域や信仰により異なるため一概に相場を提示することが難しいです。
しかし、神道の場合は戒名料が不要なため仏教での葬儀に比べると安価に抑えられるでしょう。

キリスト教

カトリックかプロテスタントかにより、支払額は異なるため相場という相場はありません。
キリスト教も神道同様に戒名は必要ありませんので、戒名料は不要となります。

お金の話題はタブー視されがちな上に、個々の状況により異なるため一概に金額を出すことができません。
そのため、宗教者に対し確認するようにしましょう。
「お金の話題を出すのは……」と戸惑われるかもしれませんが、故人を気持ちよく見送るためにも必要なことです。
家族葬のひびきでは、年間200件以上の実績がありますので宗教者に対し直接聞きにくい場合はご相談にのることも可能です。

家族葬は価格で決めてはいけません

一般葬の全国平均が195万円。しかし家族葬のひびきをはじめ、家族葬を取り扱う葬儀社は大半のプランが数十万円です。
一般葬費用との差がここまであるのは、基本的にプランの中に宗教者へ対する支払いが入っていないからです。
宗教、宗派、地域によって値段が異なるためプランに組み込むことが難しいため、そのようなプラン構成になっています。
相場も決まっておらず、宗教者へ対する支払金額がプランに入っていないのならば安く済ませたいと考える方がいらっしゃるかもしれませんが、注意が必要です。
激安や格安と謳っている葬儀社は数万円から十数万円での葬儀プランを用意しています。
価格は非常に魅力的ですが、そのプランには葬儀に必要なものが含まれていない恐れがあるのです。
では何が葬儀に必要で何が必要ではないのでしょうか?
ご遺体の安置場所や祭壇、棺、骨壺に火葬手続きや位牌等は必ず必要になってきます。
しかし、激安や格安を謳っている葬儀社のプランにはそういった必要なものが含まれておらず、オプションとして付け足し、結果的には高額になってしまうという事例もあります。
そのため、葬儀社を選ぶ場合は値段だけを見ずにプラン内容もしっかりと確認しましょう。
葬儀社のサイトや案内広告等にプラン内容が明記していない場合は注意が必要です。
家族葬のひびきではプランに含まれている内容を全てサイトにのせています。
「斎場で行う1日葬プラン」では

  • 寝台車霊柩車(20km迄)
  • 企画運営スタッフ
  • 寝棺(白布張)
  • ドライアイス(1回分)
  • 納棺の儀(旅支度)
  • 遺影写真一式
  • 祭壇設営
  • お別れ用生花
  • 死亡届・火葬手続き代行
  • 枕飾り・後飾り祭壇一式
  • 骨壺(白7寸)
  • 式場設営一式
  • 白木書物一式(位牌類)
  • 会葬礼状50枚
  • 司会者・セレモニースタッフ
  • 火葬場案内スタッフ

以上が含まれていて税別25万円となります。
その他のプランも、プラン内容をわかりやすく明記させていただいております。
また、ご遺体のお預かりも2泊3日まで一律1万円であることも提示してあります。
きちんと価格と内容を明記することにより、お客様にご安心していただきたいと考えているためです。
数万円から十数万円と提示している葬儀社に比べると高額になりますが、必要な内容は全てそろっておりますのでご安心ください。
また、支払い方法も確認しておかなければなりません。
安価を謳う葬儀社では現金一括払いのみしか対応していない場合もあります。
数万円から十数万円だからと、安価な葬儀社に依頼し、気がつけばオプション代で想像以上の金額になってしまっていた。
そんな中、現金一括払いは難しい場合もあるでしょう。
家族葬のひびきでは、分割支払いには対応しておりませんがクレジットカードの利用が可能です。
葬儀をお願いしたいけれど銀行へ行く時間が無いという方にもご安心して利用していただけます。

家族葬でも高額になってしまうことも

一般葬から比べれば安価で済ませられる家族葬ではありますが、注意をしないと一般葬以上の葬儀費用になってしまう可能性があります。
高額になってしまうポイントとしてはオプションをつけてしまうことでしょう。
例えば、家族葬のひびきの場合は「斎場で行う1日葬プラン」が税別で25万円です。
このプランには葬儀運営に必要なこと、ものが含まれておりますが飲食接待費や宗教者に対する支払いは含まれておりません。
精進落としをお願いしたい、参列者の送迎を頼みたいといったご要望に応えることは可能ですが、その分の料金が必要となってしまいます。
オプション料金の内訳をしっかりと説明させていただき、お客様に納得していただいた上で追加するように心がけていますが、葬儀社によってはきちんと金額を説明せずに当然のように高額のオプション料金を上乗せする場合もあるので注意しなければなりません。
大切な家族が亡くなり、深い悲しみの中で葬儀の準備を行わなければいけない状態では冷静に判断ができない場合があります。そこにつけ込む悪徳業者がいるのも事実です。
そうならないためにも、事前相談を行い葬儀社との信頼関係を築き上げておく必要があります。
近年では「終活」という言葉も一般的になってきており、以前ほど死に対するネガティブな印象は軽減しつつあります。
家族葬のひびきでは事前相談を随時受け付けておりますので、その際に「プランにないけど精進落としを追加したい」「参列者の送迎を頼んだ場合はいくらくらいかかるのか」等の細かな質問をぶつけてください。
お客様に納得いただける説明をさせていただきます。
また、プランのアレンジにも対応させていただいておりますので「1日葬プランだけど祭壇を豪華にしたい」「骨壺はプラン以外の物を利用したい」といったご要望にもお応えできます。
葬儀後に、想像以上の金額を請求されないためにもプランに何が含まれているのかをしっかりと把握することが大切でしょう。
また、見積書を必ずもらうようにしてください。
見積もりを確認する際に重要なのは、明瞭さです。
例えば「葬儀費用一式」などとひとくくりにされてしまっていては、どこに何が含まれ、何が含まれていないのかを確認することができません。
他にも、「生花代」とだけ書かれていても何本なのか、どのような内容なのかがわからず、当日予想に反する生花が用意されている場合もあります。
大切な家族が亡くなった悲しみと、急いで葬儀の準備をしなければならない状況で、冷静に見積書を確認することは難しいかもしれませんが、葬儀後に後悔しないためにもしっかりと確認してください。

葬儀の金銭トラブル

一般葬、家族葬に関わらず、相場が見えにくい葬儀費用はトラブルの元となることがあります。
独立行政法人国民生活センターが2015年に発表したトラブルの内容は以下になります。
・義父が急死し、慌てて選んだ葬儀社から希望とは異なる契約を強く勧められた
・葬儀の見積書がもらえず、請求も高額だと思う
・追加サービスを了承したら請求額が高額である
葬儀まで急を要するために発生したトラブルです。一般的に葬儀は亡くなった翌日、もしくは翌々日に行いますがその間に様々なことを決めなければなりません。
葬儀社を比較検討することもできなければ、葬儀社と十分な話し合いの時間を持つことが難しい場合もあります。
このようなトラブルを回避するためにも、前もって様々な葬儀社を比較したりプラン内容を確認したりするように心がけましょう。

葬儀にお金をかけたくない場合

一般葬の全国平均は195万円です。
そこまでお金をかけたくないと考えている方は増加傾向にあり、その結果、家族葬という新しい葬儀の形が歓迎されるようになった一面があります。
しかし、それでも数十万円が必要です。
もっと安く済ませられる方法があるのであれば、そちらを利用したいと考える方もいらっしゃるでしょう。
家族葬のひびきでは、そういったお客様の要望に応えるために直葬プランを用意してあります。
直葬とは火葬式のみのことを指し、儀式は一切ありません。
葬儀はしなくてもいいけれど、いきなり火葬は寂しいと考えている方には「ひびきのお別れ葬プラン」をおすすめします。
家族葬のひびき内にある施設を利用し、形式にとらわれず故人との最後の時間を過ごせるプランとなります。
価格は税別で15万8000円。
火葬に必要な手配はすべてこの金額に含まれていますので後になり高額になってしまったといったトラブルが避けられます。
とにかく費用を最小限に抑えたい方には「シンプルな火葬式(直葬)プラン」をおすすめします。
税別8万円で、火葬のみを行います。こちらも必要な手配は全てプランに含まれています。
ただし、どちらも宗教者に対する支払いは含まれていませんのでご注意ください。
菩提寺がなく、特にお墓を建立する予定のない方には「火葬と埋葬(永代供養)プラン」をご利用いただくことが多くなっています。
税別17万円で火葬から埋葬までを請け負います。
宗教者に対する支払金額というものは、なかなか表面上に出ないため葬儀の相場以上に不確かです。
その点「火葬と埋葬(永代供養)プラン」ではそれらも含めた金額になっていますのでご納得いただけると考えております。
直葬も、家族葬同様に激安や格安を謳う葬儀社があります。
しかし、いざ頼んでみると、火葬費用を別に請求されてしまった、死亡届や火葬手続きの代行を頼んだら高額な費用を上乗せされてしまった、といったトラブルに見舞われてしまうことも。
費用を抑えることだけに重点を置いてしまうと後悔することもありますので、直葬の場合もプラン内容をしっかりと把握しましょう。

家族葬のひびきはどうして安くできるのか

家族葬のひびきでは、主に市営斎場を利用しております。
民間の斎場ですとそれだけで費用が跳ね上がってしまいますが、市営斎場を使うことにより費用をおさえられるのです。
群馬県内の各市町村の斎場、聖苑と提携しておりますのでご安心ください。
また、斎場と火葬場が同じ場所になりますので移動の手間もかからないため、民間の斎場での葬儀と異なり短時間で葬儀、火葬を終わりにすることが可能です。
それ以外にも、家族葬であるため受付用品一式や式場看板といったものを省き、本当に必要なものだけを残した結果、葬儀費用の価格を抑えることが可能となりました。
安い理由は理解したが、品質はどうなのだろうとご心配されるかもしれませんが、故人の旅立ちの儀にふさわしい品質を保証します。
ハリボテのような祭壇、愛想の悪いスタッフ等では故人と最後の別れの場が台無しになってしまいます。
故人にも参列される方にも満足していただけるよう、誠心誠意尽くさせていただきます。

価格にとらわれすぎず気持ちよく見送るために

葬儀は高価なものから低額なものまで様々ですが、安かろう、悪かろうで終わらないのが葬儀の世界です。
どれだけ高額な葬儀でも遺族が納得しなければそれは良い葬儀とはいえませんし、その反対に低額でも遺族の満足度が高ければ良い葬儀となります。
大切なのは、遺族が選んだプランにしっかりと納得した上で故人を見送れるかどうかです。
故人との最後の別れですから、後悔だけはしないようにしましょう。
しかし、葬儀を選ぶ立場になることは長い人生を見てもそれほど多くありません。
どうすれば後悔しないのか、どのようにすれば故人をきちんと見送れるかが手探りになってしまいます。
そういったご心配やご不安を家族葬のひびきにご相談ください。
年間200件以上の実績があるため、様々な要望に対応が可能です。
また、些細な疑問についてもお答えすることができます。
「安く済ませたいといったら馬鹿にされるのでは」「世間体を考えたらもっとお金をかけるべきなのかも」そういった相談にものらせていただきます。
後悔しない葬儀にするためには、見栄や世間体など不要なのです。
お客様のお気持ちをまっすぐに伝えていただけることが、良い葬儀への一歩となりますのでためらわずに何でもご相談ください。
また、専任担当制となりますので「葬儀社に貧乏だと思われたくない」「家計の事情を知られたくない」といった場合にも安心できます。
葬儀は一度しか行えない儀式です。
気持ちよく故人を見送るためにも何でもお話いただければと思います。

ページTOPへ