葬儀の一般的な依頼の流れ

突然のご不幸には誰でも戸惑うものです。
万が一に備えて、葬儀の依頼の流れを事前に知っておくことで、スムーズに対処できるかもしれません。
ここでは、葬儀の一般的な依頼の流れをご紹介していきます。

まずは事前の準備を行っておく

いざという時に慌てないためにも、葬儀のために事前の準備をおすすめします。
かつては前もって葬儀の話をすることは「縁起でもない」と避けられていましたが、最近では生前から葬儀について考える方が増えてきています。
葬儀をおこなうとしても、どこの業者へ依頼すれば良いか分からないと困ってしまう方も多いため、事前に葬儀について聞いておくと安心です。
葬儀会社は事前相談なしで葬儀をおこなうこと対応が可能ですが事前相談をしておくと、いざという時にスムーズに進めることができます。
葬儀社を選ぶ際には、葬儀の料金について見積もりなどをしてもらいましょう。
契約は慎重におこない、実際にかかる料金などを細かく確認しておくことをおすすめします。
葬儀の形式や進行の流れ、費用についての希望があれば、相談の際に聞いておきましょう。
宗旨・宗教、希望の式場、葬儀の規模、親族や友人・知人の連絡先を把握しておくと円滑に打ち合わせが進みます。
事前相談で葬儀の疑問を解消して、その日に備えておくと安心です。
また、亡くなった時に訃報を誰に知らせるのかもあらかじめ決めておきましょう。
葬儀の規模に合わせて、呼ぶ方々の範囲が異なります。
家族や親しい友人だけで葬儀をおこなうか、ご近所や会社の方も参列してもらうのか、など事前に明確にしておくといざという時に慌てずにすみます。
生前契約と言って、生きているうちに葬儀の予約をしておくこともできます。
家族は葬儀の金銭的な問題や、悲しみの中でも慌ただしく葬儀の準備をおこなっていかなければならず、心身共に負担がかかります。
残された家族の負担を減らし、自身の望む葬儀をおこなうためにも葬儀の予約を生前におこなう人が増えてきています。

もしもの時には、すぐに葬儀会社へ連絡

万が一の際には、葬儀会社へすぐに連絡をしてください。
家族葬のひびきでは24時間365日いつでも電話受付をおこなっています。
病院・高齢者施設・警察署など、どこでもお迎えが可能です。
病院で亡くなった場合は、病室から霊安室へ移されます。
故人を搬送するために必要となる死亡診断書を医師に発行してもらいましょう。
病院で亡くなると、病院から近くの葬儀社を紹介されることがあります。
その会社へ搬送を依頼し、そのまま葬儀をおこなうこともできますが、細かな要望ができずに納得できないまま葬儀を終えてしまったという人も多くなっています。
事前に決めてある葬儀社があれば、そちらに連絡をして手続きをおこないましょう。
葬儀までの間、病院で安置することはできませんので自宅や安置場所への移動が必要です。
病院側から、いつまでに移動をお願いしますと指示がありますので確認しておくと良いでしょう。
自宅で最期を迎えた場合は、担当の医師に連絡して指示を仰ぎます。
医師が自宅に訪れ診断をしてから、死亡診断書が発行されます。
診断後に、葬儀社へ連絡しましょう。
自宅で安置する場合は、葬儀社がドライアイスなどの処理をおこないます。
ドライアイスの効果は24時間~36時間です。
交換の必要がある時には、葬儀社が対応しますので安心してください。
診断書がないと処置を進められませんので、後日発行される場合には注意が必要です。

葬儀の打ち合わせ・手配について

葬儀場のスタッフとの打ち合わせをおこないます。
希望に合わせて詳細を決めていき、火葬場へ連絡、通夜・葬儀の日程などを決めます。
葬儀社の斎場だけでなく、自宅で葬儀をすることも可能です。
要望があれば事前に業者へ伝えておきましょう。
この時に最終的な金額の見積額が決定し、契約となります。
見積もりを確認する際には、火葬場利用料金、搬送料金、安置料金が含まれているかチェックしましょう。
金額が明記されていないと、後から追加料金として請求されることもあるので注意してください。
基本の葬儀の他にも様々なオプションを付けることができますが、その分金額も高くなりますので本当に必要かどうか家族で話し合って決めていくと良いでしょう。
ご家族や身内の方々と葬儀社で葬儀の、場所、日時、葬儀形式を決めたら参列者へ連絡します。
寺院への連絡、お坊さんの手配もこの次点でおこないます。
葬儀の日時が決まったら、参列者にお知らせをしましょう。
連絡はなるべく素早くできる電話が最適です。

ページTOPへ