無宗教なのですが、対応していただく事は可能ですか?

可能です。
その場合「無宗教葬」と言われ、「お別れ式」の様な式になりますが、問題なく執り行えます。お別れ式とは、ご家族やご親族だけで執り行う家族葬のような小さなご葬儀・告別式を終えた後に、改めて開催する送別会のことです。参加する方は、主に故人様と親しかった友人・知人などの関係者様を対象に行い、故人様のご生前のビデオや写真、故人様との思い出の品を飾り故人様の人柄を偲びます。無宗教葬は基本的にお経や聖歌、ご焼香といった宗教的儀式を行わず、ご遺族が式の内容を自由に企画し、故人様らしいご葬儀をすることができます。無宗教葬儀にご参列される場合、服装について特別に指示がない場合は、略式の喪服を着用してのご参列がよいとおもわれます。男性は黒のスーツを着用し、ネクタイやベルト、靴なども黒で揃え、女性は黒のワンピースやアンサンブルを着用し、黒のストッキングやタイツを履きます。「平服」の指示であれば、黒のスーツやワンピースなど派手にならない服を着用すれば問題ありません。無宗教葬でも香典は用意する必要があります。表書きは「御霊前」や「御花料」とするのが好ましく、一般的な不祝儀袋や白い封筒に包み、ご準備されるのがよいでしょう。無宗教葬の内容についてのご相談は、事前に担当者スタッフにご相談ください。

ページTOPへ